英語をやってる人にイタリア語の大変さの片鱗を分かって欲しい。

最近イタリア語の勉強を初めているわけですが、イタリア語、かなり難しいです。難しいというか、活用が多い。

たとえば「行く」という言葉の場合、英語だとせいぜい「go,goes,going, went, gone」くらいしか変化しませんが、イタリア語の場合は「venire, veniente, venuto, venendo, vengo, vieni, vine, veniamo, venite, vengono, venivo, venivi, veniva, venivsmo, venerate, venivano, venni, venisti, venne, venimmo, veniste, vennero, verro, venga, veniamo, venite, vengano, venga, venga, venga, veniamo, veniate, vengano, venissi, venissi, venisse, venissimo, veniste, venissero, verrei, verresti, verrebbe, verremmo, verreste, verrebbero」と活用するそうです。死ねます。しかも、規則活用が3種類くらいあるうえに不規則活用をとる動詞は英語の比にならないほど多いので、かなり大変です。

日本語も習得が難しい言語だといわれていますよね。日本語では規則活用は五段活用からカ行変格活用まで数種類ありますし、きっと不規則活用もたくさんあるんだと思います。しかし、ここまで多くの活用形があるイタリア語を前にすると、日本語なんて序の口なのかもしれません。

というわけで、かなり打ちひしがれております・・・。

 

そんな打ちひしがれ屋な僕に朗報がありました。2冊目の弊著の売れ行きがそこそこいい感じみたいです。発売直後はAmazonの在庫不足な時期もありましたが、その後、売上が徐々に上がっていき、ついに「英語の学習法」カテゴリでトップ5入ったそうです。

「英語の学習法」カテゴリでトップ5って微妙だなと思われるかもしれませんが、これってすごいことですよ。この分野のトップ5は累計何万部も売れているようなロングセラーがひしめいている激戦区です。その中に、ワタクシメのようなしがないサラリーマンの一冊が・・・、と思えばかなりすごいことだと実感できるハズです。

著者としては、実際読んでいただいて「良かった!」と思っていただけるかどうかが勝負だと思いますが、こうやって多くの人の手にとっていただけるというだけで、既にとても幸せなことだと思います。

 

イタリア語に打ちひしがれ気味な僕でしたが、元気が出てきました。この流れにのって、今後もめげずに頑張っていきたいと思います。

 

がんばるぞー。

 

※売れ行きが上がってしまったがために、Amazonではまたまた在庫切れになってしまいました。ご所望の方はしばらくお待ちいただくか、ご近所の書店さんまでお越しください。多分、丸善さんとか紀伊国屋さんに行けば、どっさりと積まれていると思います。

One thought on “英語をやってる人にイタリア語の大変さの片鱗を分かって欲しい。

  1. 仏語歴三年目です。二年目秋に二級取得済み。
    仏語も伊語に負けず劣らず活用多い!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>