イングリッシュジャーナル4月号に記事を寄稿させていただきました。

英辞郎ヒアリングマラソンで有名なアルク社の「イングリッシュジャーナル」2012年4月号に、記事を寄稿させていただきました。

イングリッシュジャーナルというのは英語教材大手のアルク社が月刊で発行する英語学習情報誌です。単語、文法、リスニングなどの諸教材や、有名人へのインタビューや海外のニュースなど、英語学習者が興味を持ちそうなありとあらゆる事が網羅されています。私もたまに読むのですが、勉強の気分転換によし、本格的な教材としてもよしという、ある意味英語学習のペースメーカー的な本です。

今回の記事が掲載されているのは3/6発売の4月号の「名人直伝 ブレない英語学習法」という特集で、「英語名人」がどのように英語学習に取り組み、マスターしてきたのか、そのノウハウを開陳するというちょっとユニークな企画の一部です。

「今年こそ、英語をモノにするぞ!」と意気込むあなたに、14人の英語名人が、「付け焼刃ではない」「本物の英語力が必ず身に付く学習法」を直伝。 学習方法や教材はたくさんあるけれど、何をやったらいいかわからない、と悩む方は特に必読。 「話す・聞く・読む・書く」から、TOEIC、語彙力アップまで、あなたにぴったりの学習法が、必ず見つかります!

私以外の書き手のなさんは、英語をご専門にされてらっしゃる方がほとんどなのですが、英語のプロが「生の英語勉強ノウハウ」を披露する特集というのはなかなか貴重です。しかも、この特集では「教える側の立場」で書いているのではなく「学ぶ側の視点」で書いているので、これから学ぼうと考えている人にとってはおおいに参考になると思います。私自身「なるほど!」と思うことがたくさんありました。次のTOEIC受験に向けて、参考にさせていただこうと思います。

私は、単語暗記のテクニックを開陳させていただきました。内容はともかくとして、私の顔写真も載っていますので、ご興味がある方は書店へ足をお運び下さればとおもいます(笑)

3/6発売です。英語で伸び悩んでいる方は、是非ご覧になられてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>