障害者スキー振興協会への寄付イベントのお知らせ

みなさん、チェアスキーって御存知ですか? 足の不自由な方でも滑られるように工夫した、イス型のスキーのことです。恥ずかしながら私は知らなかったのですが、昨シーズン、滑られている方を見て初めて知りました。その滑り方のカッコイイこと! 急斜面に雪煙を立ててスイスイ滑っていくさまは圧巻でした。健常者の私のほうがよっぽど下手っぴです。

しかし、障害を持った方がスキーを始めるには高いハードルがあるそうです。専用器具は高価だし、受け入れてくれるスキー場も多くはありません。特に問題になるのは、個々の事情に合わせた細やかなレッスンを提供できるスクールが無いことだそうです。だから、小学校の林間学校にいっても障害者のお子さんだけスキー教室に参加できない、なんて事もよくあるそうです。

世の中には、そんな状況に問題意識を感じ、スキーを滑りたいという障害者の方の為の活動を行っている人がいます。私がスキー仲間としてお世話になっている津川朋也さんは、そんな活動家のひとりです。

津川さんはボランティアとして障害者スキーの支援をされてきました。そして少しでも多くの方にスキーを楽しんでもらうためにと、平成24年からは障害者スキー振興協会を設立し、活動を本格化されています。

協会の合言葉は「いつでも、どこでも、だれでも」です。「障害者が自主的かつ積極的にスポーツを行うことができるよう、障害の種類及び程度に応じ必要な配慮をしつつ推進されなければならない」という理念のもと、障害者を受け入れられるスキースクールの拡充などを進めてらっしゃいます。

ただし、活動の維持には個人では賄い切れないほどお金がかかります。日本各地のスキー場や自治体を訪れ、打合せをしたりスキースクールインストラクターを対象に講習会を開くたびに交通費がかかります。また、様々な器具の購入などの備品も決して安くはないそうです。

そこで今、協会ではクラウドファンディングを通じて一般の方からの寄付を募っています。READYFOR?というサイトで、クレジットカード決済で送金することができます。私も寄付しましたが、2分くらいで簡単に終わります。もしよろしければ覗いて見て下さい。【READYFOR?の受付期限は2013/8/14までです。お早めにどうぞ!!】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>