i-smile(アイスマイル)のコスパは?他の英語学習方法と比較してみました

i-smile(アイスマイル)のコスパは?他の英語学習方法と比較してみました 未分類

英語を勉強しようと思ったら結構お金がかかりますよね。
どうせなら少しでも安く抑えて、他のことに使いたいと考える人が多いと思います。

まぁ私がそうだったんですけどね(笑)

ですので今回は、i-smile(アイスマイル)と他の英語学習方法を比較してみることにしました。

i-smile(アイスマイル)のコスパは優れているの?

i-smile(アイスマイル)ってコスパは優れているのでしょうか?
結局のところ、安くても英語を話せるようになるという目標が達成できなければ意味がありません。

ですので一番重要なのは英語の習得のしやすさ。
価格はその次です。

でなければ、色々な英語教材を試すことになって、トータルでの出費が増えてしまいます。

安易に安いという理由だけで買わないように注意したいですね。

i-smile(アイスマイル)と他の英語学習方法を比較

それではi-smile(アイスマイル)と他の英語学習方法を比べていこうと思います。

  • i-smile(アイスマイル)と英語テキスト
  • i-smile(アイスマイル)と英会話塾
  • i-smile(アイスマイル)と英語CD教材

英語学習といえばこの3つが王道になりますね。
それでは順に比べていきます。

i-smile(アイスマイル)と英語テキスト

i-smile(アイスマイル)と英語テキスト、どちらがコスパで優れているでしょうか?
英語テキストは1000円~4000円など、価格に開きがありますよね。

英語テキストは読むことと書くことに特化しているため、英語を話せるようになる目的では、学習教材としては向いていません。

CDがついているものを選んだとしても、あまり実用的なものではない可能性が高いです。

そもそも英語テキストの大半は、英検や受験のためのもの。
ですので実際に使われる英語とはかけ離れていると思って良いでしょう。

日本語ですら教材になると変ですからね。
英語でも同じように、「そんな言い回し誰も使わないよ」となるはずです。

i-smile(アイスマイル)と英会話塾

次にi-smile(アイスマイル)と英会話塾を比較していきます。
英会話塾は対人で教えてもらうので、比較的英語は上達しやすいです。

しかしそれが必ずしも良いとは限らないんですよね。
英語塾は通ってもらわないと利益が出ません。

と言うことは上達することよりも、気持ちよく英語を話してもらうことに重点を置かれる可能性があるんです。

何年も通っているのに、英語が全然上手くない。
中にはこんな人もいますよね。

そういう人がいる英会話塾は要注意です。

また英会話塾って教材が変わることもあるんです。
入るのにもお金かかって教材にもお金かかって、その上教材が変わる…。

どうしても出費がかさみやすいため、コスパは悪くなりやすい傾向があります。

i-smile(アイスマイル)と英語CD教材

i-smile(アイスマイル)と英語CD教材はどうでしょうか?
英語CDの教材は、テキストがセットになっているものもあります。

聞いた英語をテキストでも読みながら確認できるようになっているわけですね。

一見良い学習方法のように思えますが、個人的にはおすすめしません。

だって英語を話せるようになるのが目的なんですよ?
肝心の発声方法について触れてますか?

よく使われる英語の文章を読み上げられたところで、発声方法がわからないならカタコトの英語から脱することはできません。

さらに学校の学習方法が足を引っ張って、テキストを読んで書く学習が中心になり、発声練習をほぼしなくなる可能性が高いです。

誰も見てないし、誰に話すわけでもないし。
そんな理由をつけてやらなくなっていきますよ。

…まぁこれって私の経験談なんですけどね…。
そもそもCDを再生するプレイヤーを持っていないので、その出費もかかります。

パソコンを使えば再生できますが、その時点で自宅でしかできないわけですよ。
しかもパソコンってそんなに毎日使いますか?

結局やらなくなる可能性を考えると、あまり良い方法ではないかと…。

i-smile(アイスマイル)はコスパ面でも優秀

i-smile(アイスマイル)はコスパ面でも優秀
上記の点を踏まえて考えると、英語を話す能力を高めるためにはi-smile(アイスマイル)がコスパ面でも優秀であるとわかります。

発声方法を修得しやすいように、有名な曲の替歌を使うなど、マネしているだけで自然に上達する工夫がされているのが他にはないメリットですね。

楽しみながら学習することに重点を置いて作られているので、学校の教科書のようなつまらなさは無いと思って良いでしょう。

1日15分という短さも、他の学習方法と比べると圧倒的に短いのが嬉しいですね。
もちろんi-smile(アイスマイル)をやっているからと言って、英語テキストを読んではダメなんてこともありません。

複数の学習方法を組み合わせるのもアリなので、自分に合う学習方法を試していきましょう。

未分類
i-smile(アイスマイル)でTOEICで990点満点を目指す!就活目前の学生が評判の英語教材で学習してみたら…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました