2012年 新年のご挨拶

みなさま、明けましておめでとうございます。

今、新年の抱負を考えているのですが、特にこれといってやりたいことが思い浮かばず困っています。去年までは色々と思い浮かんだのですが、今年は何も浮かんでこないのです。

僕が理想としてきた生き方を一言で表すと「人々に得(トク)してもらい、ついでに自分もちょろっと得をする」です。献身的なだけでは精神がもちませんし、自分だけが得をする生き方はツマラナイだろうと思うので、利他と利己の両方が必要なのだと考えています。今もその考え方に変更はありません。あえて「得(トク)」という俗っぽい言葉を選んだのは、耳障りが良いだけの言葉よりも本質に迫っているはずだ考えてのことです。

僕が悩んでいるのは「人に得(トク)してもらい」という方針そのものではなく、「誰のために役に立つべきか」というターゲットについてです。

自分に関わる人が少ない場合は、全員が得をするようにものごとを進めるのは容易なのです。二人しかいなければ「win-win」の関係を築けば良い。三人だったら「win-win-win」です。人を、グループに置き換えて考えても良いと思います。身の回りのすべての集団に対して「win」となるようにものごとを計画し、実施すれば大体うまくいくものです。例えば仕事の出来不出来は、どれだけ多くの人に「win」を与えられる枠組みを作れるかの巧拙で決まってしまうといっても過言ではないかもしれません。

しかし、人の数が増えるごとに「全員が得をする」関係を作るというのは難しくなりますね。例えば90人を相手にした場合は「win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win-win」の関係を作らないといけない。これは非常に難しい。

僕も30才を過ぎてかかわりを持つ人の数が増えてきたためか、難しい局面にぶち当たる事が増えてきました。なるべく多くの人にとってメリットがあるようにものごとを進めないといけないなと思うのですが、矛盾も許容しないといけない局面が増えてきています。具体的なことはここには書きませんが、新年の抱負が容易にポンポンと思い浮かばないのも、これが原因ではないかと予想しています。

リストラや過労、就職難などの例を挙げるまでもなく、「組織」は「個人」を犠牲にして成り立っています。今まではその組織側に噛み付いてさえいれば、OKだった。個人の側についていれば、錦の御旗を背負うことが出来た。しかし、今はそこまで単純ではない状況になってきたようで、とても複雑な心境です。この問題に自分なりの回答を見つけるの今年の目標なのかもしれません。

一方で「本を書く」というのは単純ですね。ステークホルダー(利害関係者)は著者と出版社と読者の3者に集約されます。実際にどれくらい読者の方々のお役に立てたかは分かりませんが、僕としては是非そうありたいという願いのもとに書いてきました。一冊目の著書は度重なる増刷を頂き多くの方に読んでいただいていますし、また別途ご報告致しますが新しい動きも出始めています。二冊目の著書も上々で、特に会社勤めの友人たちからは「こっちの方が面白かったw」という感想を頂きました。これらとは別の新しいお仕事の話もいただいています。この活動は今後も続けていきたいですね。

具体性がなくて、ぱっとしない内容になってしまいましたが、今考えている正直なところを述べた新年のご挨拶でした。本年もどうぞよろしくお願い致します。

近況

超お久しぶりな更新となりました。だいたい100日ぶりです。さぞかし忙しかったのだろうと思われる方もしらっしゃるかもしれませんが、その逆でした。どうもヤル気が沸かず、堕落していただけです。

イタリア語からはいったん遠ざかってしまい、「とりあえず読み書きが出来るレベル」で止まっています。試験はうけていません。やっぱりもう少し自分を追い込んでいかないと、容易に逃げ出してしまいますね。勉強の戦術は悪くなかったと思いますが、「なぜその試験を受けるのか」という根本的な戦略に問題があったのだと思います。試験に受かる以外の何か魅力のある目標を作らないと、厳しいかな。でも、そろそろ再開したいです。

イタリア語をサボる一方で、本をたくさん読みました。主に小説です。歴史モノとか、ミステリーとか。もともと本を読むタイプではなかったので、読みやすそうなものしか読みませんでしたが、これはこれで勉強になったかな、と思っています。歴史小説はその内容自体がお勉強ですし、ミステリーはストーリーテリングのお勉強になります。どちらも日本語の勉強にもなりますしね。

明日香出版社さんの著者大会は、とても楽しかったです。出版社の方はおもてなしの上手な方々ばかりで、ビールをのんで、ビンゴして、他の著者さんとお話ししているうちにあっというまに終わってしまいました。その「他の著者さん」は、100人くらいいたとおもいますが、さすが本を出されてるだけあって、それぞれが個性的で一芸に秀でた人ばかりでした。分野は語学、ビジネス、資産運用、起業などいろいろあり、一介のサラリーマン僕としては異世界に紛れ込んだような気分でした。

びっくりしたのは、みなさん話術が巧みということです。著者さんのうち何人かが会場でスピーチをされたのですが、それがめっちゃめちゃ上手だったのです。どの方のスピーチも要旨が明瞭で分かりやすく、テンポがよく、きちんと笑わせてくれる。全員が全員、プレゼン上手でした。僕には逆立ちしてもあんなスピーチはできないので、内心で「すげぇ・・・・スゲェ・・・」と中2の如く感嘆の言葉を繰り返すばかりでした。もっと精進しないとなー。

そんなこんなで2011年も終りにさしかかってしまいましたね。僕は、年始にやりたいなと思っていたことをリストにしていたのですが、その半分もクリア出来ていないような気がします。今年は色々と欲張り過ぎたのかもしれません。来年は、何をしようかな。

なんだかよく分からない内容になってしまいましたが、これにて近況報告終了。

明日香出版社さんの著者大会のご案内を頂きました。

私が著書をださしていただいている明日香出版社さんから、著者大会のご案内のお手紙を頂きました。著者大会とは、出版社さん主催でとり行う著者同志の懇親会のことで、毎年非常に多くの参加者で賑わうそうです。基本的には一冊でもご縁があれば呼んでいただけるそうです。

去年の今頃は、ちょうど1冊目の本「30日間で900点!(略)」の締め切り前で、私は胃をキリキリ痛めながら一生懸命パソコンい向かっていたのですが、今年はこんな立派なイベントにご招待つかまつるという嬉しい展開になってしまいました!

頂いたごお知らせの封筒に、返信用の出欠フォームが同封されていました。出席か否かを書いて送るだけのカンタンなものかと思いきや、「自己紹介欄」的なものがあり、そこに書いた内容がコピーされて全員に配布されるそうです。

アットホームで懇親会向けの良いアイディアだなぁと関心しつつも、いったい何を書いて良いのやらと悩んでいます。きっと、他の著者さんは僕のような素人ではなく偉い方ばかりだと思うので、どういうテンションで攻めて行けば良いのか・・・。

と、4,5分悩んでいたのですが、あまり深く考えずに記入して返送しちゃいました(笑)。当日はどんな人が来られるんでしょうか。とても楽しみです。

ちなみに開催日は来月中旬です。まだまだ先の話ですね。

英語以外のマイナー言語用の辞書リスト

イタリア語を学ぶにあたって、学習リソースの少なさに困っています。英語だったらば、PCに標準搭載されていたり、英辞郎のような使いやすいオンライン辞書がありますが、イタリア語のようなマイナー言語にはなかなか良いものがみあたりません。

色々と調べていたところ、東京外大の附属図書館の方が、各種言語を学ぶにあたっての辞書ガイドを作ってくれています。こちらが大変参考になりました。

掲載言語一覧

英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ポーランド語、チェコ語、中国語、朝鮮語、モンゴル語、インドネシア語、マレーシア語、フィリピン語、タイ語、ラオス語、ベトナム語、カンボジア語、ビルマ語、ウルドゥー語、ヒンディー語、アラビア語、ペルシア語、トルコ語

便利!

イタリア語検定5級の過去問を解きました。

電車の中で。自己採点の結果は合格でした!

僕が受けようとしているのは2級と3級なので、5級くらいは取れて当たり前なんだけど、ひと安心しています。

しかし、わからない問題も多数あり、スコア的には合格ボーダーギリギリでした。まだまだやらないといけないことがたくさんあるというわけですが、実際に試験問題を解いてみて、自分がランクアップするために何が必要なのかはっきりしてきました。

まず、文法の正確な知識を身につけるとうこと。イタリア語検定はTOEICと異なって、重箱の隅をつつくような細かい文法問題が出ることがあります。なので、面倒がらずに文法問題集の隅々まで暗記しておかないといけません。特にイタリア語検定の2級と3級は5級などとは比べ物にならないほど広範な知識を問われるそうなので、かなりがんばらないとまずそうです。

さらに、リスニングも問題です。正直、今の僕はかなり聞き取り能力が低く、カンタンなセリフやゆっくりした音源の場合には文章として耳に入ってくることはあるものの、たいていは単語を拾いながら言っていることが想像できる程度です。まだまだ初学者であるためぎこちなくはありますが、頑張ってシャドウイングをこなしてスキルアップを目指していきます。

そして最後に単語。単語は語学の基礎だというのは分かっているので、力を注いでいますが、やはりまだまだ不足です。特にイタリア語の動詞は活用形が非常に多いため、一口に単語と言っても一語あたりの暗記量は英語の比ではありません。こちらも覚悟して覚えていかなくてはなりません。

まだまだ課題山積ではありますが、簡単な文章はつまらずにスラスラと読めるようになってきましたし、作文も自分の実力の範囲ではありまうが徐々につまらずに出来るようになってきました。どこまで頑張れるかわかりませんが、この調子で前進していきたいと思います!

 

 

イタリア語の勉強をしている方、教えてください。

次のようなウェブサイトを探しています。

  1. イタリア語の類語をスグに調べられるウェブサイト
  2. イタリア語の意味や用例をスグに調べられるウェブサイト

英語で言えば、「1」はthesaurus.comを、「2」は英辞郎をイメージしています。

今のところスマホにインストールした辞書を使って勉強していますが、やはり両手打ちでタイプ出来るオンライン辞書に叶うものはありません。ところがイタリア語はオンラインに優れた辞書サイトが無いので、ちょっと困っています。

ぜひ、お助け!

泣き言ばかり言ってられない。

いや〜、全然覚えられないですね。単語が、文法が、言い回しが。

イタリア語のことです。今日、今までやった問題をざーっと復習してみたのですが、もう、自分でも嫌になるほど忘れてしまっていました。過去に覚えたはずの内容なのに、忘れているんです。

昔、英語をやったときに比べると格段に物覚えが悪くなっている気がしています。そうなった理由の一つは「年をとって脳の働きが悪くなったこと」、もうひとつは「若い頃のような体力がなくなってしまったこと」、そして「仕事が忙しくて時間をとれないこと」・・・。

駄目になった理由はいくらでも思いつきます。

が、どれも結局言い訳にしか過ぎないんですよね。結局のところ物覚えが悪くなったのは「自分が怠けているから」なんだと僕は思っています。いくら物覚えが悪いとはいえ、ちゃんとうまい具合にチャンスを逃さず復習できている単語はシッカリと覚えていますし、文法事項だって積極的に自分で使っていけている内容に関しては身についていっています。結局のところ、ちゃんとした復習ができるだけの時間が確保できないのが問題というよりも、時間がないならないなりの工夫をするだけの真摯さが無い、というのが物覚えが悪くなった原因だと思います。

「〇〇だから駄目なんだ」→「だからやっても無駄かもしれない」などという考えに陥って何かを諦めるようなことはしたくありません。やっぱりここは「どうすれば効率よく勉強を進められるか」「どうすれば単語を覚えられるか」「どうすれば文法事項を見に染み付かせることができるか」ということをちゃんと考えなおして、心を入れ替えて勉強しようと思います。

今日、自分が書いた本を読み返してみました。これは英語の勉強のための本で、英語を学ぶときのテクニックや心構えが書いています。読んでみて、我ながら心にずさっと来ることが書いていました。いかに自分が怠けていたかを思い知らされました。語学を身につけるには何をしなくてはいけないか。そうそう、そうなんです。コレくらいはしないと、語学なんて身に付きはしないのですよね。。。。。

英語でできたことがイタリア語でできないはずがありません。せっかくイタリア語検定を受けると決めたのだから、もっと歯を食いしばってがんばって勉強しようと思います。

なんだか独り言のような日記になってしまいました。まぁいいか。

がんばるぞー

英語をやってる人にイタリア語の大変さの片鱗を分かって欲しい。

最近イタリア語の勉強を初めているわけですが、イタリア語、かなり難しいです。難しいというか、活用が多い。

たとえば「行く」という言葉の場合、英語だとせいぜい「go,goes,going, went, gone」くらいしか変化しませんが、イタリア語の場合は「venire, veniente, venuto, venendo, vengo, vieni, vine, veniamo, venite, vengono, venivo, venivi, veniva, venivsmo, venerate, venivano, venni, venisti, venne, venimmo, veniste, vennero, verro, venga, veniamo, venite, vengano, venga, venga, venga, veniamo, veniate, vengano, venissi, venissi, venisse, venissimo, veniste, venissero, verrei, verresti, verrebbe, verremmo, verreste, verrebbero」と活用するそうです。死ねます。しかも、規則活用が3種類くらいあるうえに不規則活用をとる動詞は英語の比にならないほど多いので、かなり大変です。

日本語も習得が難しい言語だといわれていますよね。日本語では規則活用は五段活用からカ行変格活用まで数種類ありますし、きっと不規則活用もたくさんあるんだと思います。しかし、ここまで多くの活用形があるイタリア語を前にすると、日本語なんて序の口なのかもしれません。

というわけで、かなり打ちひしがれております・・・。

 

そんな打ちひしがれ屋な僕に朗報がありました。2冊目の弊著の売れ行きがそこそこいい感じみたいです。発売直後はAmazonの在庫不足な時期もありましたが、その後、売上が徐々に上がっていき、ついに「英語の学習法」カテゴリでトップ5入ったそうです。

「英語の学習法」カテゴリでトップ5って微妙だなと思われるかもしれませんが、これってすごいことですよ。この分野のトップ5は累計何万部も売れているようなロングセラーがひしめいている激戦区です。その中に、ワタクシメのようなしがないサラリーマンの一冊が・・・、と思えばかなりすごいことだと実感できるハズです。

著者としては、実際読んでいただいて「良かった!」と思っていただけるかどうかが勝負だと思いますが、こうやって多くの人の手にとっていただけるというだけで、既にとても幸せなことだと思います。

 

イタリア語に打ちひしがれ気味な僕でしたが、元気が出てきました。この流れにのって、今後もめげずに頑張っていきたいと思います。

 

がんばるぞー。

 

※売れ行きが上がってしまったがために、Amazonではまたまた在庫切れになってしまいました。ご所望の方はしばらくお待ちいただくか、ご近所の書店さんまでお越しください。多分、丸善さんとか紀伊国屋さんに行けば、どっさりと積まれていると思います。

実用イタリア語検定に申し込みをしてきました。

イタリア語検定に申し込みをしてきました。「してきました」と言っても、ネットでできるので、簡単です。つい5分前に申し込み完了。

今回イタリアに旅行してみて「意外にイタリア語が読めた喜び」と「思ったように話せなかった悔しさ」の両方があったので、もう少しちゃんと勉強してみようと決意し、ひとつのマイルストーンとして実用イタリア語検定に申し込むことにしました。試験の時期は10月です。

イタリア語検定はTOEICと違って、何級を受けるか選ぶことが出来ます。

  • 1級がイタリア語ペラペラな人のための高難易度の試験で、
  • 2級がイタリア語ペラな人向けの高難易度の試験。
  • 3級が大学4年レベルで、
  • 4級が大学2年レベル。
  • 5級が初歩の初歩。

という感じだそうです。問題は何級を受験するかですね。

濱口「イタ語初心者の僕が受けるとすれば4級か、頑張って3級かなぁ〜。この際、5級でもいいかも♪」

なんて思ってたら、某出版社の編集様より厳しいご注文が。

編集「濱口さん、ついこないだまで1級か2級を取るっていってませんでした・・・? 言ってましたよねぇ〜。言ったことは守らなきゃだめですよ・・・取るって宣言した以上は、取らないと・・・」

このように、なかなか乗り気にならない僕を流し目でネチネチと長時間にわたり力強く後押ししていただけました(笑) 確かにイタリア語を勉強し始めた当初、そんな軽はずみな発言をした記憶があります・・・。結局、このご発言により、僕は2級を目指して頑張らざるを得なくなってしまいました、雰囲気的に断れなかったし(笑)

とまぁ、冗談はさておき、こうやって背水の陣を準備してくれる存在がいるというのはうれしいものですね。編集さんご自身も、今は中国語をマスターすべく頑張られているとのこと。負けてはいられませんし、僕自身もいつかちゃんとイタリア語を話せるようになりたいとは思っていたところです。せっかくの機会なので目標レベルを高めて、全力で頑張ろうと思います!

 

閑話休題。

 

僕は思うのですが、勉強を始めるかどうかって、案外、誰かに後押ししてもらえるかどうかがポイントのような気がするんです。

しませんか? しますよね!?

自分自身の人生を振り返れば、何か大きなチャレンジを始めるときには、常に「手を抜かずに頑張れ」と背中をプッシュしてくれる存在がありました。今回もそうです。結局、何かやらなきゃやらなきゃと思っていても、そっと背中を押してくれる存在が無いと、エンジンがかからないものです。

おそらくこのブログの読者の方の中には「そろそろ英語の勉強をはじめなきゃ・・・」と感じている人が多いと思います。そのわりには、なかなか本気モードになれない人もいらっしゃるのではないでしょうか。ちょっと背中を押してくれたら。自分のヤル気に火をつけてくれたら。そんな状態でくすぶっている人が多いと思います。

そういう人が、自分の背中を押してくれる存在がいなくて困っていたとするならば、ぜひ読んでいただきたい本があります。

それは「英語勉強の7つの方法」というタイトルの本です。この本はどのように英語の勉強をすれば良いかを7つの項目に分けて解説する英語ハウツー本なのですが、普通の英語ハウツー本とは違っていて、「効果的な英語学習法とは」「どのように時間を確保するべきか」などを具体的なアイディアとともに解説するだけでなく、「どのような心持ちで勉強するべきか」などの気持ちの面にも心を込めて丁寧に解説してくれているので、「よし、自分もいっちょ頑張ってみよう!」という気分にさせらる、背中押し効果が非常に強い内容になっています。だから、この本を読んだにも関わらずまだ英語の勉強をはじめずにダラダラする人はほとんどいないに違いありません。

僕もイタリア語の勉強を始めるにあたってこの本を読み、「いっちょやってやるか!」と心新たにさせられました。興味のある方は、ぜひ書店で手にとって目を通してみて下さい。うさんくさいタイトルの割にはいい本なので。

 

申し訳ないほど効果が上がる英語勉強の7つの方法 (アスカカルチャー)
濱口 達史
明日香出版社
売り上げランキング: 5342

 

PS.ちなみにこの本の著者は私自身です。編集さんの「イタ検2級を受験しなさい」オーラも凄まじかったのですが「著書の告知をもっと積極的にお願いします」オーラはもっと凄まじく、こちらのリクエストにもあえなく屈してしまいました。自分の本をヨイショするのは気恥ずかしいので、他人のフリをして自画自賛しちゃいました♪ 騙された人は、騙されたついでに立ち読みしてみてください(笑)

 

本日付けの日経新聞に載せていただきました!

なんと! 弊著「申し訳ないほど効果が上がる英語勉強の7つの方法」の広告が本日の日経新聞の全国版に掲載されているそうです~。全国版ですよ、全国版!

一介のサラリーマンの僕にとって、これはなかなかのビッグイベントです。いや〜冷や汗が出てきました(笑) 全国の書店にも徐々に並び始めていただいているようで・・・。ますますドキドキして参りました!